男性

部屋に違和感があるなら盗聴調査で白黒つけよう

適した機器の選び方

捜査

良い機材をそろえているか

盗聴機器は年々進化している為、盗聴器発見の業者の中でも対応しきれていないところがあります。中にはデジタル盗聴器や盗撮カメラの発見は対応していないところや別料金を請求される場合もあるので、そういった業者は避けた方が良いでしょう。契約する際にどのような機材を使っているかや、発見できない盗聴器はあるのかなどを確認しておく必要があります。また調査や契約の際に知った情報をどのように管理しているかも確認しておきましょう。良い盗聴器発見業者は秘密保持も徹底しています。料金も盗聴器発見業者の選定ポイントになります。良い業者は何にいくらかかるか明確にしている為、事前相談した時よりも多い費用を請求されることはありません。盗聴調査は通常探す家の広さによって料金を決めているところがほとんどですが、盗聴いでしょ器発見業者の中には30分ごとに追加料金が発生したり、発見した盗聴器の個数によって料金を請求するところもあります。こういったところは事前説明を受けた時よりもかなり費用がかかることがあるので、追加料金がないところを選んだ方が良いでしょう。また相談の際に強く契約を勧めたり、不安をあおるような言動をする業者は避けた方賢明です。見積もりは無料で出来るので、色々な業者を比較してから選ぶことが大切です。女性の方が盗聴被害に会いやすい為、盗聴器発見業者の中には女性の調査員がいるところも増えてきました。こういったところだと1人暮らしの女性でも安心して依頼できます。