男性

部屋に違和感があるなら盗聴調査で白黒つけよう

徘徊時に活用する

GPS

身につけやすくて便利

子どもが塾や習い事に通っている場合、GPS機能が付いた携帯電話を持たせるという親御さんが増えてきています。危機管理として最適な方法です。これなら、お子さんの行動をいつでもチェックできます。誘拐などの危機を阻止するためにも必要です。一方、認知症などで徘徊してしまう高齢者に対しては、携帯電話よりも小型GPSを身に着けさせた方がいいかもしれません。認知症患者の場合、携帯電話の使い方も忘れてしまうこともあるからです。また、携帯電話を持たされていることに激怒してしまう人もいます。それなら、本人に分からないようにいつも持ち歩いているカバンなどに、小型GPSを取り付けた方が効率的です。小型GPSは電気店やホームセンターなど、大型店舗なら購入しやすくなっています。種類も豊富なので、機能性や価格、人気度などを参考にして選びましょう。もちろん、このような危機管理が目的で使用することをお勧めします。その他の目的では使わないようにしましょう。それから、小型GPSは機能性が向上してきているので、定期的に新しいものが製造販売されることもあります。高機能なものの方が遠方に行ってしまった時などにも見つけやすいため、定期的に買い替えた方がいいかもしれません。徘徊する人に常に寄り添うことは難しいこともあり、介護をしている人はこのような便利なものを上手に活用していきましょう。他には浮気防止のために行動を監視する夫婦やカップルなどもいます。