Security

部屋に違和感があるなら盗聴調査で白黒つけよう

捜査

適した機器の選び方

盗聴器は年々新しいものが発売されているので、盗聴器発見業者の中にはそれに対応しきれていないところがあります。選ぶ際にはどのような機材を使って発見しているかや、最新のものに対応できているか確認する必要があります。また秘密保持の方法や料金も選定するポイントになります。

GPS

徘徊時に活用する

小型GPSは塾通いのお子さんや認知症で徘徊してしまう高齢者などの行動把握に、とても役立つものです。実際に使っている人が増えてきています。これがあれば、危機管理にも繋がるので、電気店やホームセンターで購入してみましょう。

フィギュア

プライバシーを守るため

誰かとトラブルになったり、不審な電話が掛かって来る場合には、盗聴されているかもしれません。不安を感じている人は、盗聴器調査サービスを利用しましょう。盗聴器調査はサービス内容や、調査する建物の広さで料金は異なります。事前に追加料金の有無がないか、明確な見積もりを提示してくれる業者に依頼しましょう。

調査実績のある業者に依頼

男の人

盗聴とはその名前からも分かるように特定の人の生活音等を聴く事で、相手に許可を得ずに行うのが一番の特徴になります。生活音等はその人の最もプライベートな部分の一つだと言えるので、それを本人の許可なく聴くのはプライバシーの侵害です。例えば好きな人の生活音を聴きたいからと盗聴をする人もいますが、これはれっきとしたプライバシーの侵害にあたります。しかし現在では盗聴器の小型化や高性能化が進んでいるため、軽い気持ちで盗聴器を設置する人も少なくないです。そのため盗聴は決して他人事とは思わずに、普段から気にしておくのが望ましいと言えます。もしも普段から気を付けていて何等かの違和感を感じた場合には、盗聴調査の専門家に依頼して調べてもらう事が大切です。盗聴調査の専門家は需要の高まりに応えるように、年を追うごとに増加傾向を辿っています。そのため盗聴調査を希望している場合には、日本全国どこでも対応してもらう事は比較的難しくはないです。しかし盗聴調査を依頼するからには確実な結果を得られる所に依頼する事や、信頼出来る業者に依頼する事が望ましいと言えます。盗聴調査の専門家を選ぶ際のポイントとしては、今までに多くの調査実績を持っている事が重要です。調査実績が多いという事はそれだけ信頼出来るという事でもあるので、この点のチェックは大切だと言えます。また実際に依頼した事があるという人の感想を聞くというのも、リアルな声が聞けるので非常に参考になります。